ONLINESHOP
  • モーターサイクルレースのエキスパート

Topics

コハラレーシングテクノロジーの最新の情報をお届けします。

“最終戦 鈴鹿 予選”

Post Date:2010/10/31

 

台風の影響が心配され、前日のA.R.T.走行の午後の走行から、予選が始まっている感じの鈴鹿のパドック。

A.R.T.走行をみても、ライダー、マシンともに好調を継続しているようだ。

 

そして土曜の予選日。

「台風は??」と思わせるほどほとんど影響は無く、午前中には雨がやみ、JSBの予選が始めるころには、コースもほぼDRYになっていた。

予選は当然スリックタイヤで行われた。

 

今回もノックアウト式の予選なのだが、決勝が2レースあるため、Q1の計時順がレース1のグリッドとなり、Q1~Q3での計時はレース2のグリッドとなる。

 

 

まずは40分間のQ1。

所々に見受けられるウォーターパッチはあるものの、スリックでコースイン。

コースの状態やマシン、タイヤをひとつひとつゆっくり確認しながら、徐々にタイムを上げていく。

 

出したい時に出したいタイムが出せる・・・まさにそんな感じがコースを映し出すモニターから伝わってくる。

2'10.701でQ1は3位・・・すなわち、レース1は3番グリッド、フロントローからのスタートとなる。

 

 

10分のインターバルをおき、15分間のQ2が始まる。

ここからは、秋吉選手、中須賀選手との見ごたえのあるアタック合戦が始まる。

ただ、伊藤選手はQ3の最後に一発を狙っているかのように、セクションごとを丁寧に攻めて確認しているように映った。

 

 

 

3番手でQ2を通過し、Q3を迎える。

コンマ1秒、秋吉選手には届かなかったが、赤マークを刻みながらアタックする伊藤選手は速く、とても強く感じた。

レース2は2'06.841で2番手からのスタートとなった。

土曜日から自身の卒業セレモニーでFANサービスに忙しくしている伊藤選手であるが、バイクにまたがり、アクセルを握ってからの集中力はやはり秀でている。

 

われわれとしても、最後という感じが少しずつ募りはじめてはいるが、その前に5連勝という目標にむかってレースに集中できるよう、サーキットさん等に少しだけ配慮いただけたらなと思う。

 

決勝の二レースはどちらも1列目からの好位置からのスタート、もちろん見逃せない。

Update:webmaster

Partner

  • au
  • UQコミュニケーションズ
  • 最強ケータイショップ テルル
  • 本田技研工業株式会社
  • 株式会社 ダンロップモーターサイクルコーポレーション
  • 日信工業株式会社
  • 株式会社ユタカ技研
  • 株式会社ショーワ
  • アールケー・ジャパン株式会社
  • 日本特殊陶業株式会社
  • MOTUL
  • 株式会社ザム・ジャパン
  • 株式会社 エフ・シー・シー
  • TECHNICAL SPORTS
  • マイクロロン
  • エンデュランス
  • ベータチタニウム
  • 株式会社ルートワン・パワー
  • 株式会社ルートワン・パワー