ONLINESHOP
  • モーターサイクルレースのエキスパート

K's Soul

コハラレーシングテクノロジー代表の小原 斉がレースへの情熱や今までの自身の経験を綴るブログ。

“手応え”

Post Date:2013/09/09

第7戦オートポリス大会が終了しました。

結果から言えば皆さんご存知の通り、あまり良い結果とは言えませんでした。

 

GP2の哲太は5月に事前テストを行っていた為、ある程度の手応えを持って臨んだレースでしたが、気象条件等のコンディションの違いか、いま一つフィーリングが掴めずに金曜日のフリー、土曜日の予選とかなり苦戦を強いられました。

幸い、日曜日の朝フリーで少し良い方向が見つかったので、決勝に向けてさらに変更を加えてレースに臨みました。

 

この変更が当たったのか、レースではトップグループに付けて速いペースで周回し、終盤にはトップに迫る勢いの走りを見せてくれました。

結果は転倒リタイヤになってしまいましたが、レース内容は十分評価できるものだったと思います。

 

何より、哲太にシーズン序盤の勢いが戻ってきたのが我々にとっては大きな収穫でした。

 

20130909_001.jpg

 

GP3は相変わらずマシンの性能差に苦しめられています。

菊池は5月にテストをしていた為比較的まとまっていましたが、小室と静夏は1年ぶりの走行になります。

 

菊池はトップグループで数周走って「決して、付いていけない速さではない!」と言っているので、何とか性能差を埋めて戦える状態にしていきたいと思います。

 

小室は、金曜日、土曜日の出遅れが響いた感じですね。

レースはベテランの上手さで何とか帳尻を合わせましたが、それが精一杯でした。

次戦の岡山は事前テストがあるので、良い状態でレースウィークを迎えられるようにしたいですね。

 

静夏は、本人の意識も高くなってきて良い方向には来ていますが、まだまだな所も沢山有って課題は山積みですね。

静夏もその辺の所は自覚している様なので、今後に期待です。

 

今回も沢山の皆さんにご声援頂きまして、ありがとうございました。

 

今年も残り2戦。

皆さんに良い結果をご報告できるように、これからもチーム一丸で頑張ります。

Update:小原

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください

Partner

  • au
  • UQコミュニケーションズ
  • 最強ケータイショップ テルル
  • 本田技研工業株式会社
  • 株式会社 ダンロップモーターサイクルコーポレーション
  • 日信工業株式会社
  • 株式会社ユタカ技研
  • 株式会社ショーワ
  • アールケー・ジャパン株式会社
  • 日本特殊陶業株式会社
  • MOTUL
  • 株式会社ザム・ジャパン
  • 株式会社 エフ・シー・シー
  • TECHNICAL SPORTS
  • マイクロロン
  • エンデュランス
  • ベータチタニウム
  • 株式会社ルートワン・パワー
  • 株式会社ルートワン・パワー